​公演情報。

​上演予定の公演詳細をお届けします。
​市村啓二
​舞台「なりたい自分になる魔法」
なり魔法チラシ裏.jpg

[あらすじ]

ある日、ぼくのもとに手紙が届いた。

手紙には「なりたい自分になる魔法おしえます」と書かれていた。

 

手紙にみちびかれて向かった先は、母校の小学校。

そこで待っていたのは同級生でもなく、恩師でもなく、もちろん初恋の相手でもなく、なんと校庭に立つ“二宮金次郎像”だった!

ぼくはなぜ母校に呼ばれたのか?

金次郎像が僕に伝えたかったこととは?

そして「なりたい自分になる魔法」とは?

いつも、いつまでも「あるのが当たり前」だと思っていた学校、仕事、家族、そして自分自身に向き合った時、本当に大切なモノが見えてくる…。

夢を描く子どもに、夢に向かう青年に、夢に疲れた大人に送る、楽しくも、ちょっぴり切ないものがたり。

 

[作・演出] 

市村啓二

 

[音楽・ピアノ演奏]

中島健作

 

[出演]

武者真由、市村啓二

 

[日時]

2021年11月27日(土)

①13:30開演(12:30開場)

②18:30開演(17:30開場)

[会場]

九重文化センター ホール

 

[チケット]

一般前売:1,500円

高校生以下前売:500円

※各種当日券+500円

[公演PR動画]

https://youtu.be/q6A2rrTF3dc

[チケット取扱]

九重文化センター

町内公民館

※以下のチケットフォームからもお申し込みできます。お支払いとチケットのお渡しは当日受付で行うので、ネット環境があればご自宅で申し込むだけで予約完了!ぜひご活用ください。

https://www.quartet-online.net/ticket/butai_narimaho_kokonoe

 

※チケットフォームの詳しい申し込み方法(こちらをクリック)

[主催]

九重町教育委員会

 

[共催]

ここのえわくわく会

 

[後援]※50音順

あすみ農園

かねよし

福元屋

ふるさとキッチンかのん

​舞台「あかつきのくに」
あかつきのくにチラシ表.jpg
あかつきのくにチラシ裏.jpg

九重町民劇場令和3年度定期公演

舞台「あかつきのくに-新解釈・朝日長者物語-」

 

[あらすじ]

今から1000年以上昔の話。

飯田高原の田野地方を治めていた浅井長治(あさいちょうじ)は、自らを「朝日長者(あさひちょうじゃ)」と名乗り、多くの使用人をこき使っては「音がうるさい」と川の流れを止めたり、沈む太陽を呼び戻したり、雨乞いのために娘を生贄に差し出したりと、それはそれは傲慢な男であったと語り継がれている。

 

…だが、今も残るその話、果たしてそれは真実なのか? もしも長者が誰よりも国や民を愛していたとしたら?

 

今回、九重町民劇場が挑むのは、九重に今も残る民話「朝日長者物語」を大胆に新解釈した歴史ファンタジー。

誰も知らないはじめての、もしも、もしもの物語。

[作・演出]

市村啓二

 

[音楽]

中島健作

 

[日時]

①12/4(土)19:00開演(18:00開場)

②12/5(日)13:30開演(12:30開場)

 

[会場]

九重文化センター ホール

 

[チケット代金]

一般:1500円

高校生以下:1000円

 

[チケット窓口]

九重文化センター 電話番号 0973-76-3888