©2018 KEIJI ICHIMURA

おしらせ。

いろんな情報発信ページです。

02/10/2020

「スター☆トゥインクルプリキュア」たちがTVを飛び出し、歌い、踊り、戦うステキな作品、「ドリームステージ」が2月8日、東京都江戸川区公演にて1年の旅が終了しました。

ステージと観客が一体となって盛り上がる素晴らしいラストステージでした。

プリキュアたち、1年間おつかれさまでした。

そしてありがとう☆

僕は今作で「総合演出」として参加し、

今作がきっかけでプリキュアと出会いました。

今では放送日の日曜日朝を楽しみにしているファンの1人です。

これからも応援しています!!

01/01/2020

あけましておめでとうございます。

オリンピックイヤー、

日本が特別な一年になりますね。

自分にとっては毎年かけがえのない一年です。

今年も笑いと元気とホットなメッセージを届けていきます。

本年も応援よろしくお願い致します。

12/31/2019

今年もたくさんのご縁と挑戦と応援をありがとうございました。

明日から始まる2020年。
みなさまの毎日が光あふれる1年になりますように🌞

12/23/2019

「ナレーション担当しました。」

来年2月1日(土)故郷・徳島「あわぎんホール」にて徳島の伝統芸能「阿波人形浄瑠璃」のイベントがあります。PR動画と当日会場での動画のナレーションを担当しています。

徳島は阿波踊りだけじゃない!浄瑠璃も未来に残すべき芸能です。これを機に多くの方にぜひ知っていただきたいです。よろしくお願い致します。

こちらクリックすると動画をご覧いただけます!

12/05/2019

2019年、
大分県九重町で春夏秋冬過ごしました。
 
4月、脚本、完成。
5月、九重町で初稽古。
8月、合宿。
9月、全員で舞台大道具製作。
10月、県民文化祭開幕事業にてiichikoグランシアタにて上演。
 
そして、
11/30、12/1の九重文化センター公演にて幕を閉じました。
 
九重町民だけでなく、
町外からも、
そして「HandY」でお世話になった県内各地の皆様と、
両日共劇場いっぱいのお客様にご観劇いただき、
しあわせな作品でした。
 
終演後のお見送りの際、町民の方々から、
「九重のためにありがとう!」
「20年...

10/13/2019

九重町民劇場・舞台「このこえ」大分市iichikoグランシアタ公演、

無事に終了し第21回大分県民芸術文化祭が開幕しました。

舞台「このこえ」

稽古と準備開始から半年。

いっぱい叫んで、汗かいて、泣いて笑って歌って踊って…。その集大成の10/12。終幕の拍手は我々にとって最高のご褒美でした。

次は11/30(土)、12/1(日)ホーム・九重文化センター公演。

気持ち新たに「よし、次行こう!」

--------------------

[九重町民劇場旗揚げ20周年記念公演]

●日時

11月30日(土) 開演19:00(開場18:30)

12月1日 (日)...

10/06/2019

10/4の大分合同新聞夕刊の芸能面に取り上げていただきました。

先月の舞台「HandY」に続きありがとうございます。

舞台「このこえ」も稽古も作業も大詰め。

10/12(土)14:00開演。

大分市iichikoグランシアタでお待ちしております!

10/04/2019

昨日から大分県九重町に来ています。
本日、町内の南山田小学校6年生の「キャリア教育授業」の講師として45分授業させていただきました。

事前に生徒からもらった質問に全問回答し、残りの時間で実践。
写真は「全員で横一列になり目標点まで全員揃って歩く。」ただそれだけ。簡単なようで難しく、でも揃った時はそれだけで感動します。
 
他にもいろんな表現の実践方法はあります。
 
45分で人は変われます。
子供に限らず誰でも、何歳でも。
僕はそう思っています。

ここ数年、

自分の新しいライフワークとして取り組んでいる「表現指導」。

10代へ「自己表現...

09/27/2019

大分市J:COMホルトホール公演のスタートは確か今年の5月ごろだったと記憶しています。
 
昨年12月の竹田市公演を、今回の実行委員長・ハッピー里ちゃんが観てくださったのがすべての始まりでした。
 
当初のスタートは「年内に小ホールで2ステージ」つまり200席×2ステージの400席が目標でした。
 
小ホールの空き状況を確認してもらったら…年内、希望時期の空きは無し!!出た結果が2020年7月公演でした。
 
僕は内心「一年後か…」とつぶやいていました。
それと同時に里ちゃんから出た一言が…「来年まで待てん。」でした。
 
それで方...

09/26/2019

2019年。

僕の夏は梅雨の真っ只中から始まりました。

「ホルトホールで「HandY」をやろう!それも大ホールで!」

実行委員長のハッピー里ちゃんの決断。

誰もが「無謀」と思ったでしょう。
途中、里ちゃん、事務局長・あっちゃん、

そしてチーム坂ノ市の皆さんも心折れる事もあったでしょう。

でも、
無謀だからこそ、公演ギリギリまで走り回り、

彼女たちはたくさんの縁を繋いできました。

昨夜の公演はたくさんのお客様にご来場頂き、

実行委員の皆様も「奇跡!」と驚いていました。

何を何を、この奇跡を起こしたのは皆さんですよ!

さぁ、
☆本日もJ:COMホルトホールに...

Please reload

​ふりかえる
Please reload

​市村啓二